神経内科

箕面市立病院HOME > 診療体制のご案内 > 神経内科

  • 科の紹介
  • 検査・治療案内
  • 外来診療一覧・休診/代診表
  • 医師紹介
  • 科の紹介

    概要

    神経内科では、パーキンソン病などの神経難病、多発性硬化症などの免疫性神経疾患、ギランバレー症候群などの末梢神経疾患、多発性筋炎などの筋疾患、重症筋無力症、脳卒中、脳炎・髄膜炎、てんかん、認知症、頭痛などの診断・治療を行っています。薬での治療に加えて、入院中にはリハビリテーションも積極的に行っています。
    力が弱くなった、歩きにくい、ふらつく、しびれる、ふるえる、頭が痛い、物忘れが多いなどの症状がある人は受診してみてください。

    実施可能な神経内科関連の検査としてはMRI・CT検査、脳波検査、末梢神経伝導速度検査、針筋電図検査、誘発脳波検査、髄液検査、神経筋生検などがあります。必要時には脳神経外科、整形外科、精神科などとも連携して診療を行うようにいたしております。

    特色・方針・目標

    特色・方針

    神経内科の外来は平日月曜日から金曜日まで診療を行っており、初診の患者さまが受診しやすい体制をとっております(予約がない場合は平日午前11時までに受診手続きをお願いいたします)。これに加えて、パーキンソン病の新しい薬の治験を積極的に行っており、予約患者さまのみの専門外来もあります。外来に受診される場合は「お薬手帳」やかかりつけ医からの紹介状があれば診断・治療に役立ちますのでお持ちください。

    神経内科で一般病棟入院となれば薬による病気の治療に加えて、リハビリテーション(運動機能、日常生活動作、嚥下機能)、栄養指導なども積極的に行い、退院後の療養、生活、仕事などが円滑に行えるように努めております。対象となる病気で必要な場合には回復期リハビリテーション病棟で在宅復帰に向けたリハビリテーションを行うことも可能です。

    目標

    急性期病院の神経内科として果たしていくべき急性神経疾患の診療のみならず、地域支援病院の神経内科としてパーキンソン病などの神経変性疾患に対する先進的な診断や治療を提供しながら、地域のかかりつけ医、訪問看護師、リハビリテーションスタッフ、保健師、ケアマネージャーなどと連携して安心して生活していける状況をつくっていきたいと考えております。

  • 検査・治療案内

    神経内科で実施している(いない)検査・治療をご紹介しています。

    ■実施している検査・治療

    【検査】
    1. 画像検査

      • CT、MRI、MRA、脳血流シンチ(SPECT)、MIBG心臓交感神経シンチ
      • 頸部血管エコー
    2. 生理機能検査

      • 針心電図、誘発筋電図(神経伝導速度)
      • 誘発脳波(聴性脳幹反応、体性感覚誘発電位)
      • 脳波
      • 重心動揺計検査
    【治療】

     脳血管障害、脳炎、髄膜炎、けいれん、意識障害などの急性神経疾患のほか、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、重症筋無力症などの神経筋難病、てんかん、頭痛、しびれ、ふらつきなど広範な神経筋疾患の治療を行っています。
     薬物療法としては、多発性硬化症に対する急性期ステロイドパルス療法、再発予防のためのインターフェロン治療、ギランバレー症候群に対する免疫グロブリン大量療法なども行っています。
     神経内科では、当院が総合病院である特色を生かし、各診療科と連携して神経筋疾患の治療にあたっています。
     脳血管障害治療では放射線科・脳神経外科と協力し、入院時に脳MRI、CT、MRAなどの画像検査を速やかに行い、病態に即した急性期治療を行う体制をとっています。また当院リハビリテーションセンター(50床)と連携し、早期リハビリテーションによる後遺障害の軽減と退院後の在宅調整を行っています。
     パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患診療では薬物療法のみならず、リハビリテーションやかかりつけ医・訪問看護師・理学療法士との連携、在宅環境整備を行い、QOL(uality of Life)の改善に努めています。
     神経疾患進行期における嚥下障害に対してはリハビリテーションセンターと連携し、嚥下障害の評価、リハビリテーションを行い、必要に応じて、消化器専門医による内視鏡的胃瘻造設術を行っています。

    ■実施していない検査・治療

    【検査】
    1. 脳血管造影
    2. 神経生検検査
    3. 視覚誘発電位検査
    4. 遺伝子診断

    神経筋難病で、神経筋病理検査、遺伝子診断などの特殊検査が必要な場合及び診断が困難でセカンドオピニオンを得たい希望がある場合は、大阪大学医学部附属病院神経内科などに依頼、紹介しています。

    【治療】
    1. 脳梗塞症における緊急脳血管造影及び血管内治療、t-PA治療

    脳梗塞の発症から3時間から6時間以内であって、意識障害を伴うなどの重症例で、緊急血管造影、血管内治療の適応症例は、国立循環器病センター脳血管内科または大阪大学医学部附属病院脳卒中科に依頼する方針にしています。

    神経内科の平均在院日数

    平成27年4月1日~平成28年3月31日

    名称 ICD小分類 退院患者数 平均在院日数
    脳梗塞 I63,I66 68人 20日
    一過性脳虚血発作 G45 7人 3日
    てんかん G40,G41 14人 22日
    パーキンソン病 G20 23人 31日
    前庭機能障害 H810-H819 33人 4日
    ウイルス性髄膜炎 A87,B003 4人 18日
    脳炎,脊髄炎 A858,A86,G03,G04 12人 7日
    多発性硬化症 G35 7人 5日
    リウマチ性多発筋痛症 G35 11人 14日
    合計 342人 18日

    ICDはWHO(世界保健機構)による疾病、傷害および死因統計のための分類で、わが国でも厚生統計に用いられている分類法です。
    さらに詳しい統計、過去の統計については診療実績をご覧ください。

  • 医師紹介

    曽我 文久(そが ふみひさ)

    • 役職:神経内科主任部長
    • 専門分野:神経筋疾患
    • 卒業年月:昭和56年3月
    • 所属学会・資格など:日本神経学会専門医・指導医 大阪大学 臨床教授

    横江 勝(よこえ まさる)

    横江 勝(よこえ まさる)
    • 役職:神経内科部長
    • 専門分野:神経内科全般とくにパーキンソン病
    • 卒業年月:平成9年3月
    • 所属学会・資格など:日本神経学会専門医・指導医 大阪大学医学部 紹聘教員

    高群 美和(たかむれ みわ)

    高群 美和(たかむれ みわ)
    • 役職:神経内科部長
    • 専門分野:神経内科一般
    • 卒業年月:平成9年3月
    • 所属学会・資格など:日本神経学会専門医・指導医

    中野 智仁(なかの ともひと)

    • 役職:非常勤
    • 卒業年月:平成25年3月

    秀嶋 信(ひでしま まこと)

    • 役職:非常勤
    • 卒業年月:平成24年3月