認定看護師の紹介

箕面市立病院HOME > 当院の特色 > 認定看護師の紹介

現在下記の認定を受けた看護師が活躍しています

認定看護師認定審査に合格した者

  • 皮膚・排泄ケア認定看護師 2人
  • がん化学療法看護認定看護師 2人
  • 救急看護認定看護師 2人
  • 感染管理認定看護師 2人
  • 緩和ケア認定看護師 2人
  • 認知症看護認定看護師 1人
  • 手術看護認定看護師 1人
  • 慢性呼吸器疾患看護認定看護師 1人

その他の資格

  • 日本糖尿病療養指導士 8人
  • 呼吸療法認定士 8人
  • 消化器内視鏡技師 8人
  • NST専門療法士 5人

当院で活躍する認定看護師のご紹介

特定行為研修の臨地実習を行っています。

当院は、令和2年度特定行為研修の臨地実習施設となっております。
研修生は、公益社団法人大阪府看護協会 特定行為研修課程の研修生で、認定看護師(皮膚・排泄ケア分野)経験を有する看護師です。この研修生は、厚生労働省省令に基づき、特定行為指定研修機関に指定された大阪府看護協会において、特定行為を行う看護師になることを目的に、臨地実習施設である箕面市立病院で実習を行っています。

1.実習項目

  • 壊死組織の除去(褥瘡又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去)
  • 創傷に対する陰圧閉鎖療法
  • 創部ドレーンの抜去
  • 膀胱瘻カテーテルの交換
  • 胃瘻カテーテルまたは胃瘻ボタンの交換

2.臨地実習にあたりましては、以下の事項を守ります。
1)実習を行う場合は、事前に分かりやすい説明を行い、患者さま、またはご家族の安全の確保を最優先し、事前に指導医師などの助言や指導を受けて実習に臨みます。 2)患者さまとご家族は、研修生に関する意見や質問があれば、指導医師や看護師などに直接おたずねになることができます。 3)患者さまとご家族は、研修生が担当することを同意した後も、この実習を拒否することができます。また、拒否したことを理由に治療および看護上の不利益を被ることはありません。 4)研修生は、患者さまやご家族の情報を実習期間中に診療録や看護記録などを通じ、また、患者さまやご家族との関わりを通じて取得しますが、それらの情報は、個人が特定できない形にするなどの対策を講じ、プライバシーの保護に努め実習報告書等の作成をします。

3.情報二次利用について
学会、論文などで報告する場合があります。この場合でもID、氏名など個人を特定する情報が公表されることはありません。氏名、住所、ID等を匿名化した上でデータを利用させていただきます。情報二次利用について同意いただければ幸いです。情報二次利用について同意されない場合でも治療上不利益を受けることはありません。