がん診療推進部

箕面市立病院HOME > 診療体制のご案内 > がん診療推進部

  • 部門の紹介

    がん診療推進部

    大阪府がん診療拠点病院について

    • 平成22年4月から「大阪府がん診療拠点病院」に指定されています。
      国指定のがん診療連携拠点病院との連携、専門的ながん診療機能の充実を図るため、5大がん(肺がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、乳がん)すべてを診療する病院として、大阪府が指定する病院です。指定要件には、「診療体制」、「研修体制」、「情報提供体制」があり、それぞれの要件を満たさないと拠点病院に指定されません。
      今回の指定を機に、がん医療の一層の充実を図り良質で、地域のみなさまが安心してがん治療を受けていただける安全な医療の提供に努めてまいります。

    がん診療推進部について

    大阪府がん診療拠点病院の指定をきっかけとして、当院でのがん診療を総合的に推進するための部門として平成22年4月に設置されました。
    がん診療に携わる診療科の医師、がん化学療法看護認定看護師、緩和ケア認定看護師を中心に、地域医療室、診療情報管理室、事務局の職員なども関わり、がん診療の質とサービスの向上を目指して活動しています。

  • キャンサーボード

    キャンサーボードとは

    キャンサーボードとは、がんの患者さまの状態に応じた適切な治療を提供することを目的とした検討会です。
    集学的治療や標準的治療などを行う際に、手術・内視鏡治療・化学療法に携わる専門的な医師、画像診断・病理診断等を担当する医師、及びがん医療に携わる看護師などの専門職が職種を越えて集まり、がん患者さまの症状、状態および治療方針等について、意見交換・共有・検討などを行います。

    箕面市立病院のキャンサーボード

    当院では、内科、外科、泌尿器科、産婦人科、放射線科の医師や、がん化学療法看護認定看護師、緩和ケア認定看護師が中心となり、平成23年2月から、毎月定期的にキャンサーボードを開催しています。
    主な検討対象は次のとおりです

    1. 治療方針の決定が困難な症例の検討
      (ア)治療に難渋している症例
      (イ)心疾患、高齢者の認知症など合併症があるなど複雑な病態がある症例
      (ウ)重複癌
      (エ)診断の確定が困難な症例
      (オ)原発不明癌
    2. 非定型的な(標準治療以外の)治療を行う症例の検討
    3. がんに関する治験、臨床試験のプロトコール(手順)の承認

    キャンサーボードは、診療科の枠を超えて新しい診療システムです。このシステムを充実させ、がん患者のかたに安心して治療を受けて頂けるように取り組んでいきます。

  • 緩和ケアチーム

    部門の紹介

    当院では良質な医療を提供するために各職種が共働して専門的な知識と技術を用いてチーム医療を行っております。

    さて、みなさまは「緩和ケア」と聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか?
    健康な時はあまり気になりませんが、一度病気になるとさまざまな問題が生じ、特にその病気ががんであれば、病気や治療にともなう身体的なつらさだけでなく、精神的な落ち込みや、仕事や経済面の心配などいろいろな心配ごとがあることでしょう。不安なこと、疑問、悩みがあっても自然なことです。そのさまざまなつらさをチームケアで少しでも和らげるのが緩和ケアの目的です。私たち緩和ケアチームは、医師・看護師・薬剤師・リハビリスタッフ・栄養士・医療ソーシャルワーカーなど多くの職種で構成されております。

    具体的な活動内容は、入院患者さまの場合は、各病棟から緩和ケアチームへ依頼を受け、週1回の病棟回診で、患者さまの症状緩和や看護ケアについて主治医や看護師とともに検討しております。外来患者さまの場合は、がんと診断された時から、看護師が気持ちのつらさや心配ごとをお聞きするようにしています。がん相談室では認定看護師による個別相談を受けています。治療やケアについては、主治医や病棟看護師が中心となり、緩和ケアチームはサポートを行います。抗がん剤治療の副作用や痛み、不安、不眠などは早く対応することで、できる限り生活を維持し、楽に過ごせるよう解決にあたります。また経済面や家族介護、在宅療養、緩和ケア専門病棟への移行などは、地域医療室と連携しながらサポートを行います。

    箕面市立病院では、「がんと診断された時からの緩和ケア」を大切に考え、患者さまもご家族も安心して治療・療養ができるようにと考えています。

    ※当院のがん診療を行うすべての医師が、厚労省の委託事業である「緩和ケア研修会」を受講修了しています。

    研修修了者ポスター(平成29年8月31日現在)

    緩和ケアチーム
    辻尾 一郎

  • がん相談

    がん相談室

    当院では2010年に大阪府の「がん診療拠点病院」に認定されるとともに、「地域医療支援病院」の承認を受けました。がん診療拠点病院には、専門的ながん医療の提供、地域のがん診療の提携協力体制の構築、がん患者さまに対する相談支援及び情報提供という3つの大きな役割があります。

    がん相談とは

    がんと診断された患者さまとそのご家族は、さまざまな意思決定を行いながら治療に向き合っていかねばなりません。特に心理的負担は大きく、相談できる場所、話を聞いてもらう場所が必要となります。当院では平成22年よりがん相談室を設置し、緩和ケア認定看護師が中心となってがん患者さま・ご家族さまに対する相談を開始しました。

    がん相談をはじめて

    相談室では、毎月30例以上の患者さま・ご家族を医師から紹介していただきます。がん診断後は「まさか自分ががんになるなんて・・・」「頭が真っ白で・・・」「なぜ自分が・・・」など、心理的なつらさが大きく、お気持ちや心配ごとをたくさん話していただくようにしています。涙を流される方もおられます。いっぱい泣いたあと、自分のできること、やるべきことを考え、前向きに治療に向き合っていく方もいます。のちに相談室を訪れ、「抗がん剤、頑張っていますよ。治療しながら仕事も続けています。あのときは泣ける部屋があって良かった」とおっしゃってくださった患者さんもおられました。

    がんと言われて、心配なのは身体だけのことではなく、気持ちもつらいのです。患者さまだけでなく家族もつらいのです。病気や治療についての相談、症状に関する相談、医療費の相談、つらいなと感じることがあればがん相談室に声をかけてください。ご希望を聞きながら、一緒に考えます。ご自宅からの電話相談も承っています。

    がん相談を希望される方は・・・

    がん相談室への相談は外来診察の際や入院している病棟で「がん相談を受けたい」と気軽に医師・看護師にお伝えください。がん相談室ではゆっくりお話をお聞きします。相談内容は多岐にわたると思いますが、当院でサポートチームとして活動している緩和ケアチーム、栄養サポートチーム、外来治療センター、地域医療室、がん診療推進部などとともに連携をはかり、患者さまに合わせて対応していくことが可能です。患者さま・ご家族の思いを十分にお聞きし、必要な情報提供を行い、意思決定をサポートしていくことががん相談室の大きな役割です。情報提供のためのパンフレットも各種取りそろえておりますので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

    がん相談支援センター

    がん患者さま・ご家族さまのがんに関する疑問や不安、悩みをがん専門の相談員がお伺いし、一緒に問題解決のお手伝いをさせていただきます。
    セカンドオピニオンや医療費相談、就労相談、在宅療養支援などの地域連携も窓口となります。

    がんサロン

    偶数月の第4金曜日にがん患者さま・ご家族さまが思いを語る「がんサロン ゆず」を開催しています。
    さまざまな悩みを患者さま・ご家族さま同士で語り合い、気持ちを楽にしたり、ミニレクチャーで学ぶことを楽しみに来られる方もおられます。

    ミニレクチャーのテーマ

    • こころのリラックス
    • からだのリラックス
    • 抗がん剤治療中の食事の工夫について
    • 抗がん剤治療の副作用対策
    • 緩和ケアってなに
    • がんと福祉制度
    • がん患者さんの痛みのケア
    • 快適な眠りについて
    • 上手な気持ちの伝え方
    • 医療用麻薬のあれこれ
    • セカンドオピニオンについて ~納得して治療をうけるために~
    • 誰でもできる簡単スキンケア