内視鏡センター

箕面市立病院HOME > 診療体制のご案内 > 内視鏡センター

  • 部門の紹介
  • 内視鏡検査について
  • 医師紹介
  • 部門の紹介

    内視鏡センター

    当院の内視鏡センターでは医師(内科・外科)、看護師、放射線技師等がチーム一体となって日々の検査、治療を行っています。内視鏡で腫瘍が見つかった場合は、早期のものであれば、内視鏡治療でお腹を切らずに治すことが可能です。以前は内視鏡では切除出来なかった2センチメートル以上の腫瘍についても、早期であれば、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)という方法で治療できるようになりました。また大腸ポリープの治療は診断時にその場で行いますので1回の外来検査で治療まで終了することができます。
     早期発見・早期治療のためには、まず、検査を受けていただくことから始まります。かかりつけ医から地域医療室を通じて予約していただきますようお願いします。

  • 内視鏡検査について

    使用機器の紹介

    近年、消化器内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ等)はデジタル技術を駆使した様々な新製品が実用化され、大きな成果をあげています。当院でもいくつかの種類の新しい内視鏡を導入しましたのでご紹介します。

    経鼻内視鏡

    鼻からする胃カメラです。今までの胃カメラと比較し、太さは約半分と非常に細くなっております。また嘔吐反射(えずくこと)があまりないので苦しくありません。ただし精密検査には適さない場合もあります。

    超音波内視鏡

    普通の胃カメラと組み合わせて使います。妊婦さんの健診などに使う超音波の原理を利用して、胃粘膜の内側を調べます。腫瘍の性質や深さを診断し、治療方針を決めるのに役立ちます。

    拡大内視鏡

    ズーム(拡大観察)ができる内視鏡です。表面の細かい模様を観察し、腫瘍の性質や広がりを調べます。

    NBI内視鏡

    特定の波長の光を照射することにより、粘膜表面の毛細血管や微細な模様を観察します。がんの早期発見や範囲の診断に威力を発揮します。

    安全な内視鏡検査

    内視鏡技師を中心に内視鏡の質の管理、スタッフへの指導を行っています。内視鏡は1本使用毎に洗浄・消毒を行い、患者さまにどの内視鏡を使用し、またどの洗浄器で洗浄・消毒を行ったかなどの履歴管理をしています。

    検査当日の注意点

    当院では、希望される患者さまには、鎮静剤を使用して内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)を受けていただくことができます。ただし、鎮静剤を使用した場合は検査後はしばらく休んでから帰宅していただく必要があります。また、当日は車の運転などはできませんので車での来院は避けてください。

    実績

    分区
    上部消化管内視鏡 膵・胆管内視鏡 下部消化管内視鏡 緊急・その他特殊検査 合計
    23年度 3,478 188 2,434 215 6,324
    24年度 3,490 213 2,280 275 6,258
    25年度 3,697 224 2,007 307 6,235
    26年度 3,553 233 2,684 287 6,757
  • 医師紹介

    由良 守(ゆら まもる)

    由良 守(ゆら まもる)
    • 役職:内視鏡センター センター長、消化器内科部長、内科部長
    • 専門分野:消化器
    • 卒業年月:平成6年3月

    山口 充洋(やまぐち みつひろ)

    山口 充洋(やまぐち みつひろ)
    • 役職:内視鏡センター 副センター長、内科部長
    • 専門分野:血液、呼吸器
    • 卒業年月:昭和63年3月

    西原 彰浩(にしはら あきひろ)

    西原 彰浩(にしはら あきひろ)
    • 役職:内視鏡センター 副センター長、消化器内科部長、内科部長
    • 専門分野:消化器(胃腸膵)
    • 卒業年月:平成11年3月