薬剤部

箕面市立病院HOME > 診療体制のご案内 > 薬剤部

部門の紹介

薬剤部は、患者さまに安全かつ効果的な薬物療法を提供することを目的とし、様々な業務を行っています。また、基本理念の基に薬剤師が多方面からチーム医療に携わり、医師をはじめ他の医療スタッフと連携した薬剤業務の遂行を心掛けています。

内服・外用薬調剤業務

入院および時間外救急外来患者さまお薬を調剤しています。処方されたお薬の内容・飲み方・服用量・飲み合わせなどに問題が無いかを確認し、必要な時は医師に確認をしたうえで調剤を行います。

外来患者さまのお薬は原則として院外処方せんにより『かかりつけ薬局』で調剤していただきます。

  • 注射薬調剤業務

  • 注射薬調剤業務

  • 注射薬調剤業務

外来患者さまのお薬は原則として院外処方せんにより「かかりつけ薬局」で調剤していただいています。処方せんの使用期限は交付の日を含めて4日間(休日・祝日も含む)となりますので期限内にかかりつけ薬局にお持ちください。

注射薬調剤業務

入院患者さまに使用される注射薬についても内服薬と同様に、適正かつ安全に使用されるために処方内容を確認したうえで調剤を行います。患者さまごとに1回分ずつ調剤し病棟へ払い出しています。

注射薬調剤業務

注射薬調剤業務

注射薬混合調製業務

入院患者さまの点滴は、薬剤部内に設置しているクリーンベンチを用いて清潔な環境のもとで調製を行っています。また、がん化学療法プロトコールに基づいて抗がん剤の調製を行っています。

注射薬調剤業務

注射薬調剤業務

外来治療センターにおいても外来患者さまのがん治療が安全かつ適正に行われるようプロトコール確認や抗がん剤の調製を行っています。

注射薬調剤業務

薬剤管理指導業務

患者さまの入院初日には、普段服用しておられるお薬や持参されたお薬の調査、アレルギー歴のあり・なしを聞き取り、患者さまの薬歴を作成したり、得られた情報を医師、看護師などと共有することにより薬物療法の支援を行っています。また、入院中に処方されたお薬の効果や副作用、服用方法などについて直接お伺いし説明を行って、安心してお薬を服用していただけるよう努めています。

病棟薬剤業務

全ての病棟に病棟薬剤師を配置し、臨床業務を行っています。患者さまが服用するお薬を総合的に管理することで、より安全で質の高い医療に貢献しています。

注射薬調剤業務

医薬品情報業務(DI)

厚生労働省や製薬メーカーなどからの医薬品情報や医薬品の適正使用に関した情報などを医師、看護師などに提供し、医薬品の安全かつ有効な使用に貢献しています。また、医療スタッフからのお薬についての問い合わせなどに対応しています。

注射薬調剤業務

医薬品管理業務

院内で使用される医薬品の発注、在庫管理、品質管理などを行っています。毎日在庫を確認し、適正な在庫数を維持することで必要なときに安全な医薬品を提供できるようにしています。

注射薬調剤業務

製剤業務

治療上必要であっても市販されていないお薬を調製しています。無菌調製の必要な注射薬や点眼薬は無菌室で調製し高い品質を確保することで医療安全の向上にも寄与しています。

注射薬調剤業務

院内のチーム医療への参画

ICT、NST、褥創、緩和ケア、糖尿病などの医療チームに参加し、薬剤師の専門性を発揮しつつ他職種と共働で患者さまの療養をサポートしています。

注射薬調剤業務