新病院建設

箕面市立病院HOME > 病院案内 > 新病院建設

  • 建替の経過
  • 建替の経過

    新市立病院整備審議会委員を募集します(平成30年11月5日)※募集は終了しました

    新箕面市立病院整備の取組状況(平成30年4月18日)

    現在、昨年11月から開始した「新市立病院整備基本計画(第1期)策定業務委託」により、豊能医療圏(豊中市・吹田市・池田市・豊能町・能勢町と本市の区域)における現状分析や将来予測とともに、新病院に必要な規模(病床数や診療科目)と機能(病床・医療機能)の検討に取り組んでいます。

    平成30年度は新病院整備をより具体的に進めるため、市立病院事務局に「新市立病院整備室」を設置しました。今後、「基本計画(第1期)」により得られた検討材料をもとに、「新市立病院整備審議会」でご審議をいただきながら、「新市立病院整備基本計画(第2期)策定業務委託」として、新病院の病床数や診療科目、病床機能や医療機能と、新病院の延床面積、施設規模、配置計画とともに、その整備手法、資金計画、スケジュールなどを決定していく予定です。

    また、建物建設の関係では、新病院建設予定地の地質調査や現況測量・敷地測量・高低差測量を行い、翌年度の基本設計の基礎資料としていく予定です。

    新箕面市立病院の移転先が決定しました(平成29年12月21日)

    平成29年第4回箕面市議会定例会へ提案していた「市立病院の船場COM1号館跡地等への移転建替え」に関連する諸議案は、12月21日の本会議で可決・決定いただきました。これにより、市立病院の移転建替えが正式に決定しましたのでお知らせします。

    今後は遅くとも2024年度前半のオープンをめざして、基本計画・基本設計・実施設計・工事と順次、進めていきます。事業の進捗状況は、このページでご紹介してまいりますので、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。なお、箕面市のホームページでもご紹介しておりますのでご参照ください。

    新箕面市立病院整備基本計画(第1期)策定業務委託の入札結果について(平成29年11月21日)

    平成29年11月6日に実施した「新箕面市立病院整備基本計画(第1期)策定業務委託にかかる総合評価落札方式による一般競争入札」については、入札参加資格の確認を経て、次のとおり落札者を決定しましたので、お知らせします。

    入札参加者

    • 有限責任監査法人トーマツ
    • 株式会社医療開発研究所
    • 株式会社システム環境研究所
    • シップヘルスケアリサーチ&コンサルティング株式会社

    落札者

    • シップヘルスケアリサーチ&コンサルティング株式会社

    評価点の内容

    新箕面市立病院整備基本計画(第1期)策定業務委託にかかる一般競争入札を実施します(平成29年10月18日)

    新箕面市立病院整備基本計画(第1期)策定業務委託にかかる一般競争入札(総合評価落札方式・入札後資格確認型)を行います。

    詳細はこちら

    箕面市立病院リニューアル調査検討報告書について(平成29年8月25日)

    箕面市立病院は、昭和56年に開院してから36年が経過し、施設や設備の老朽化並びに陳腐化が進行しています。

    大阪府内の急性期医療を担う公立病院において、建替が決まっていない病院の中では最古の病院となっています。

    これらのことから、箕面市立病院の施設・設備について、現状分析と課題抽出を行った上で、課題を解消するための手法について検討するため、「箕面市立病院リニューアル調査検討業務委託」(受託者:りそな総合研究所株式会社)を実施し、報告書がまとまりましたので、お知らせします。

    詳細はこちら(箕面市ホームページへ)