栄養部

箕面市立病院HOME > 診療体制 > 栄養部

部門の紹介

栄養部基本方針

  • 安全な食材を効率的に調達し、適切に調理することに努めます。
  • 的確な栄養管理に努め、食事の大切さを啓発します。
  • 患者さまに喜ばれる食事を新鮮なうちに提供することに努めます。
  • 入院生活での食事への期待に少しでも応えることのできる給食の実現に努めます。

入院患者食

  • 入院患者の病状に応じた献立を調理し、適時適温給食、選択メニューを実施しています。
配膳時間: 朝食8時、昼食正午、夕食午後6時
  • 季節の行事食〔節分、ひな祭り、こどもの日、七夕(開院記念日食)、土用の日、クリスマス、年末(年越しそば)、年始(雑煮・おせち料理)など〕を採り入れています。
  • 医師の指示に基づき、アレルギー・除去食の対応を行っております。
  • 4階・5階入院の患者さまは病棟にあるラウンジでお食事をお摂り頂けます。

病棟訪問

毎日午後(午後1時から5時)に行っています。食事に対するご意見やご要望も伺っています。担当看護師にお伝え下さい。

栄養指導(入院・外来患者さま対象)

  • 食事療法が必要な患者さまに対し、入院・外来を問わず、主治医の指示のもとに栄養・食事指導を行っています。
  • 指導日時は予約もできますが、診察時にお申し出いただいても、主治医の指示で随時指導を受けることができます。

指導曜日

月曜日から金曜日
  • 午前 9時30分から正午 随時個人指導
  • 午後 1時から5時 随時個人指導
  
水曜日
  • 午後 2時から4時30分 骨粗鬆症外来(予約制)
  • 骨粗鬆症外来の中でカルシウム摂取指導(個人15分) を担当しています。

地域栄養指導外来(紹介患者さま対象)

  • かかりつけ医から栄養指導目的でご紹介いただいた患者さまに栄養・食事指導を行っています。
  • 対象となる疾患(かかりつけ医から、地域医療室を通じてご予約が必要です)。
  •    
  • 糖尿病(腎症)
  • 腎臓病
  • 高血圧症
  • 脂質異常症
  • 高尿酸血症 など

指導曜日

  • 月曜日(午後)
  • 火曜日、水曜日(午前)
  • 金曜日(午前、午後)

NST(栄養サポートチーム)

入院患者の栄養状態を適切に管理するために、医師・看護師・薬剤師・リハビリ各療法士、他院内他職種とともに管理栄養士が栄養サポートチームに参加し、栄養状態の維持・改善に取り組んでいます。

月曜日: 摂食嚥下(食べる事や飲み込むこと)に問題のある患者を対象に回診・カンファレンスを実施
火曜日: 内科系病棟を中心に回診・カンファレンスを実施
水曜日: 外科系病棟・ICU・回復期リハビリテーション病棟を中心に回診・カンファレンスを実施
金曜日: 全病棟を対象にフォロー回診・カンファレンスを実施

母親教室

産婦人科の助産師、看護師とともに母親教室を行っています。

管理栄養士は、毎月第1木曜日の午後に「妊産婦の栄養と食事」についての講義を行っています。
受講者全体の参加型形式で栄養の話と妊婦さんからの悩みや質問に対してみんなで考える気さくな教室を目指しています。

糖尿病教室

糖尿病支援チーム(医師・薬剤師・看護師・理学療法士・検査技師・管理栄養士)で糖尿病教室を行っています。
管理栄養士は、患者さまに糖尿病食事療法の基礎をお話しています。