最新機器紹介ページ

箕面市立病院HOME > 当院の特色 > 最新機器紹介ページ

内視鏡手術支援ロボット「ダビンチ」を導入しました

前立腺がんに対し、ダビンチによる摘出手術が実施できます!

当院では、より高度で、かつ患者さまの体の負担の少ない前立腺がん手術に対応するため、平成27年4月、内視鏡手術支援ロボット「ダビンチ」を導入しました。今後さらに増加すると見込まれている前立腺がん患者さまの治療に新たな選択肢を提供できるようになりました。

<北大阪エリア内のダビンチ設置状況(平成27年4月現在)>

最新機器紹介ページ

箕面市立病院 ダビンチ・チーム

箕面市立病院 ダビンチ・チーム

ダビンチとは?

アメリカ生まれの最新鋭の手術支援ロボットです。世界的には泌尿器系、消化器系、婦人科系などのがんの手術などで利用されており、日本では平成24年に前立腺がんの全摘出術、平成28年に腎細胞がんの腎部分切除術が保険診療として認められました(平成28年7月現在)。

ロボットが手術をするのですか?

ロボット手術とはいっても、機械が自動的に手術を行うわけではありません。医師が自分の手を動かすような感覚でロボットを操作します。
コンソール(写真①)に座った医師がロボット(写真②)を遠隔操作し、3Dモニタに映る立体画像を見ながら手術を行います。助手、看護師などはビジョンカート(写真③)の画像を見ながらアシストします。

  • 写真①

  • 写真②

  • 写真③

ダビンチ手術のここがすごい!

ダビンチで表示される3D画像は高画質で立体的なハイビジョンシステムです。従来の腹腔鏡の画像より見やすく、細かい作業も肉眼より正確に行うことができます。

また、ダビンチでは患者さまの体内に差し込む手術器具の先端が自由に曲がるため、切除や縫合などをより精密、安全に行うことができます(写真④)。

  • 出血量が少ない
  • 傷口が小さく、術後の痛みが少なく回復が早い

という利点に加え、ダビンチでは

  • 出血量がさらに少なくなり、入院期間が短縮
  • 術後の合併症の減少

も期待されます。

写真④

ダビンチ手術の費用の負担はどれくらいかかりますか?

前立腺がん手術 14~16日の場合(入院期間が月をまたがない場合)

年齢 高額療養費制度 腹腔鏡手術 ダビンチ手術
70才未満 利用なし 約480,000円 約520,000円
利用あり 約100,000円 約100,000円
70才以上(一般所得者の場合) 約45,000円 約45,000円

※健康保険を使用して前立腺全摘出術を行った場合で、入院期間が月をまたがない場合の手術・入院費用を試算したもの(個室料、食事代等を除きます)。

※ご加入の健康保険の種類や所得により異なる場合がありますので、詳しくはご相談ください。

※腎細胞がんの腎部分切除術の費用につきましては、かかりつけ医へご相談ください。

ダビンチでどんな手術ができますか?

現在は前立腺がんの全摘出術、腎細胞がんの腎部分切除術のみが保険診療として認められていますが、将来的には胃がん、腎臓がん、咽喉頭がん、大腸がん、肺がん、子宮頸がんなどが、保険診療として認められるよう準備が進められています(平成28年7月現在)。

<ダビンチ・チームによる研修の様子>

  • ダビンチ・チームによる研修の様子

  • ダビンチ・チームによる研修の様子