お知らせ

箕面市立病院HOME > お知らせ > お知らせ詳細

山本副院長の論文がクル病に関する総説に2報引用されました

2017年12月28日
全てのニュース

Nature Reviews Disease Primers(2017年12月21日online版)Rickets(クル病)の総説が掲載され、箕面市立病院副院長(小児科主任部長)の山本威久医師がcorresponding author(責任著者)である下記の2つの症例報告が引用されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

総説

Rickets(クル病)

Article number: 17101, doi:10.1038/nrdp.2017.101

 

 

総説に引用された山本医師の論文

 

 

Nature Reviews Disease Primers とは

 

世界で特に権威のある学術雑誌のひとつと評価されている「Nature」のシリーズのうち、2015年4月から出版開始された、入門的なレビュー論文(Primer)を掲載する雑誌です。

それぞれのPrimer では、疾患の疫学、メカニズム、診断、および現在と将来の治療法が記載され、国際的に認められた研究者によって執筆されたテキストと共に質の高い図表が掲載されています。

対象は博士課程の学生、博士課程修了後の研究者、若手の臨床研究者、医学生です。